VS横浜国立大学MASTIFFS

結果

チーム1234T勝敗
東海大学 TRITONS0140014Loss
横浜国立大学 MASTIFFS979328Win

横浜国立大学のキックから試合開始。東海大学の攻撃となるが、開始直後にミスから横浜国立大学に先制点を与えてしまう。しかし、東海ディフェンスが#99榎園玄己(体育学部4年)のQBサックを決め、攻撃を止めにかかる。この勢いをオフェンスへつなげ、得点を得たいところだったが、横浜国立大学のロングパスが決まり追加点を挙げられてしまう。さらにランプレーとパスプレーを使い分け、確実にヤードを獲得し追加点を挙げる横浜国立大学。16点のリードを埋めるべく得点を狙う東海大学は、#5堀大機(文学部3年)のキックオフリターンでそのままタッチダウンを決める。さらに#2宮本悠吾(体育学3部)から#1髙野内大輝(体育学部4年)、#81嶋谷仁志(文学部3年)への要所でのパスを確実に成功させ追加点へとつなげた。16-14となり、前半わずか2点差で折り返す。

東海大学のキックで試合再開。東海大学ディフェンス#43大平航也(文学部2年)や#35松野航大(文学部4年)らがタックルを決め、相手オフェンスを圧倒する。しかし、相手の好パントにより、東海オフェンスが自陣1ヤードから攻撃スタートとなり、さらにここで横浜国立大学ディフェンスにセーフティを決められてしまう。横浜国立大学の勢いは止まることなく、更なる追加点を挙げ25-14とリードを広げられてしまう。対する東海大学はパスを投じヤードの獲得を狙うが、決めきることができずに攻守交代となる。横浜国立大学はこの攻撃でキックでの追加点を狙い、成功し3点を追加。試合終了まで粘りの攻撃を見せる東海大学だったが、タイムアップとなり試合終了。最終スコアは28-14となり敗戦。今節で1勝3敗となっている。